世界中のピルに関するイメージ

日本でのピル普及率はちょっと小さいですが、海外でのピルの普及率はとても大きいだ。

 

たとえば、フランスなどでは15年~18年までの女性は、中絶費用が無料で、避妊を望んだ場合は無料でピルを入手する事が出来ます。

 

日本での実感では、避妊=コンドームですが、海外での避妊=ピルという実感として、コンドーム=性感染症予防といった実感になります。

 

実際に、避妊率で比べてもピルを規則正しく使用すれば、ほぼ確実に避妊が可能です。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

海外と比べて日本の中絶割合が厳しい原因は、ピルの普及率におけるでしょう。

 

日本では海外に比べてレイプは少ないですが、レイプによるおめでたや、避妊の負け戦などは、肉体的にも精神的にも女性だけが大きなダメージを受けてしまう。

 

そういったマイナスを回避する為にも、女性が個々を続ける結果、セキュリティの高い避妊技がピルの実施が必要です。

 

ピル通販TOPへ