月経不順(生理不順)の原因

生理不順(生理不順)が起こる原因
生理不順の原因は、ホルモン配分が壊れる事によって引き起こされます。

 

過激な痩身
何も食べない、極端にごちそうの嵩を燃やすなど、短期間であっという間に痩せようという過激な痩身を行うと、カラダ脂肪が急激に鎮まり一時的に栄養失調症状となったり講じる結果、女性ホルモンの分泌が低下してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまう場合があります。

 

生理不順だけではなく、無排卵生理や生理自体が来なくなってしまう事もあるので、注意が必要です。

 

凄いムーブメント
酷いムーブメントでカラダに負荷をかけるような症状を続けていると、カラダ脂肪も極端に落ち、カラダがいのちのピンチを捉え、いのち持続に関して作動停止しても問題ないと判断される生殖作動が停止されてしまう。

 

その為、排卵がストップし生理不順や無生理などが起こるケー。

 

攻撃
様々な攻撃を溜め込むという、視床夢中に影響を与えてしまう。視床夢中に影響が出ると、順当得る排卵や生理の手解きが壊れる事で、生理不順が起こり易くなります。

 

やりくりがイレギュラー
視床夢中へ不規則なやりくりが貫くという影響を与えてしまう。第三国旅などによる時差で暮らしが異なりてしまいおきる場合があります。

 

卵巣の波紋
卵巣は、女性ホルモンを分泌しますが、卵巣の課題にて女性ホルモンの配分がひずみたりして、生理不順が起こって要る可能性もあります。

 

卵巣の疾患に関しては、自覚症状が悪い場合が多いので、産婦人科で定期的に見立てを行いましょう。

 

ピル通販TOPへ